電子の侍


私は自分の会社を持ちながら、コンピュータのエンジニアをしている。
顧客要件をヒアリング~調査~整理~提案しながら開発作業にも従事し、
さながら「なんでも屋」かと思う。

客先には可愛がられ、
一つの所に十年いる事になるが、
お互いが要件、要望を屈託なく話せる間柄となった。
嬉しい限りだ。

ただ、私の客のさらに先には、
やはり「顧客の顧客」がいる訳で、
なかなか、困る要望を求めて来る。

そんな要求は突っぱねても通るのだが、
顧客が困るのを見過ごせ無い心情がある。
身を挺して尽くしたいとも思う。
十年寝食を共にした仲間を
見捨てられないと言う感じか…。

「身を挺せ」とは言えないが、
顧客の為に考え尽くす技術者を育てたいと思う。

君主を守る侍か。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック